{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

笹倉鉄平「その朝、南仏の港は霧につつまれていた―」

220,000円

送料についてはこちら

*2024年6月上旬リリース *キャンバスジクレー *【イメージサイズ】 :54.0×21.8(cm) *【額付サイズ】(笹倉鉄平推奨額):65.2×32.8(cm) (額変更について、特にご指定がない場合は、笹倉鉄平推奨額にて額装いたします。額の変更をご希望されるお客様は、ご注文時にお知らせください) *【作品モチーフ】 :ヴィルフランシュ・シュル・メール(フランス) *【作品証明書】 :版元(笹倉鉄平オフィス)が発行する正規の作品証明書が付きます *【額裏サイン】 :ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れをいたします *【新品額装】新しく額装してお届けいたします *【送料無料】国内の送料は無料です(一部離島を除く) *【作品コメント】 『その朝、南仏の港は霧につつまれていた―』 心身ともに疲れきっていた時、 目や心を、優しくしっとりと癒してくれた 今も忘れられない景色がある―― *   *   * 2015年、フィレンツェでの個展直後に休養へ向かった先は、 フランス南東部に在る、ヴィルフランシュ・シュル・メール。 展示の作業以外にも、記念行事などがあり通常の個展の何倍も 疲弊したまま、夜遅くに到着した小さな港町だった。 その翌朝。 遠景が見えないほど深い朝霧に包まれた港は、まだ街燈が灯っていて、 人の気配も時間の感覚も希薄で、とても静かだった。 朝のコーヒーを片手に、霧が徐々に薄くなってゆく様子を ぼんやり眺めていると・・・ 慌ただしかった昨日までの出来事は、 不思議なほど昔のことのように思え、 同時に、心の疲れも遠のいていくような感覚が生まれる。 それは、光と水の粒子たちの絶妙なバランスが見せてくれた 潤いに満ちたひと時だった。 笹倉鉄平。

セール中のアイテム