{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

笹倉鉄平『ロメオのいる花屋』

¥220,000 税込

送料についてはこちら

*2019年制作 *キャンバスジクレー *イメージサイズ :41.0×27.3(cm) *額付サイズ(笹倉鉄平推奨額):56.5×43.0(cm) *額装 :漆喰の壁を思わせる浅い凹凸、淵に銀の塗りがあるサオ、オフホワイトの落とし込み *額裏サイン(ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れが出来ます) *作品証明書 :版元発行、正規の作品証明書が付きます *作品モチーフ:ヴェローナ(イタリア) *作品コメント 『ロメオのいる花屋』 “Un Cortile Pieno di Fiori” イタリアの歴史ある美しい古都、ヴェローナを訪れた時のこと――― ふとしたきっかけで、現地の知人に「人気のある猫の名前は?」と尋ねると、 即座に「ロメオ」という答えが返ってきた。 それは、日本で例えるなら「たま」といった感じだろうか? オス猫につける、とてもポピュラーな名なのだという。 その後しばらくの間、街で猫を見かける度に、 小声で「ロメオ!」と呼びかけてみたりしていたのだが・・・ とある花屋の前で出会った一匹の猫が、本当に振り向いてくれた。 さては、この子の名前はロメオ君なのか?!と、 嬉しくなって近づいてゆくと、店の中へと素早く逃げ込んでしまった。 思わず後を追って、花屋の店内へと足を踏み入れた。 店の間口は狭かったが、ずっと奥の方へと続いていて、 通路のような廊下のようなスペースの両側には、 切り花がところ狭しと並べられている。 奥には中庭が在り、更にその先も花屋のエリアだ。 なかなか珍しい作りの店舗に、可憐な花々が優しく溢れていた・・・ 結局、そこに出会った猫の姿は無かったけれど、 魅力ある花の景色に導いてくれた"ロメオ"に、心の中で感謝した 笹倉 鉄平