{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

笹倉鉄平『散歩の時間に』

¥286,000 税込

送料についてはこちら

*2016年制作 *キャンバスジクレー *イメージサイズ :35.8×47.6(cm) *額付サイズ(笹倉鉄平推奨額):53.7×65.7(cm) *額装 :シルバー、内側に渋金色の段入り平額、黄色味を帯びたオフホワイト落とし込み *額裏サイン(ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れが出来ます) *作品証明書 :版元発行、正規の作品証明書が付きます *作品モチーフ:マインツ(ドイツ) *作品コメント 『散歩の時間に』 ~The_Dog-walking_Hours(2016年) ドイツ、フランクフルトからほど近い街、マインツ。 犬と散歩をする親子に出合った。 その堂々としたシェパード犬の歩みは、主人に連れられているというよりも とても紳士的な態で、二人を気遣って寄り添っているかのように見えた。 そこへミニチュア・シュナウザー犬が近づいて来たのだが、 互いに動じもせず、静かにすれ違ってゆく姿に感心する。 そういえば、2匹ともドイツ生まれの犬種だ。 この国の飼い犬たちは、きちんとした躾が義務付けられていることもあり、 なるほど、吠え合うこともない。 夕刻の散歩時間帯だからだろうか・・・犬と一緒にそぞろ歩く人が次々に通りかかる。 犬を介して顔見知りになった人たちの会話も、そこここではずみ、 仕事帰りの人々もワインや食事を楽しもうと、集ってくる。 この一角は、歴史を感じる木骨組の建物が今も残り、 古い井戸を囲むようにして、カフェやレストラン、店舗が立ち並ぶ。 気付けば、いつの間にか暮れ時の憩いの空気も濃くなっていた。 近くに住んでいる人も、たまたま通りかかった人も、 今日頑張った人も、うまくゆかなかった人も、 自分のような旅人も、そして勿論、犬たちも――― 互いの存在と適度な距離感を、穏やかに尊重し合い、 温もりと包容力のある安らぎが、そこに満ちていた。 笹倉鉄平