{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

笹倉鉄平『リューネブルク』

¥429,000 税込

送料についてはこちら

*2016年制作 *キャンバスジクレー *イメージサイズ :43.1×80.1(cm) *額付サイズ(笹倉鉄平推奨額):64.7×101.7(cm) *額装 :自然な模様の入った渋金、内流れ、ベージュの落とし込み *額裏サイン(ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れが出来ます) *作品証明書 :版元発行、正規の作品証明書が付きます *作品モチーフ:リューネブルク(ドイツ) *作品コメント 『リューネブルク』 ~Luneburg(2016年) それは、まるで・・・ずっと昔に絵本で見たような・・・ ドイツ北部、リューネブルクという町を電車で訪ねた。 駅から町の中心部へと歩いて行く途中、 イルメナウ川に沿って、古く愛らしい家並みが続く景色に出会った。 町は、ハンザ同盟の小都市の一つとして栄えた長い歴史を持つ。 同じくハンザ都市を有する近隣のオランダやベルギー等の建物とも似た、 赤いレンガ造りの旧い建物も並んでいる。 ここでは、今はカフェやレストランとして、人々に憩いの時間を提供しているようだ。 中世には、「白い黄金」と珍重された塩の産地として、町は大いに栄えたという。 川辺には、当時の塩運搬用の木造の帆船が再現され、停泊している。 その様子がまた、より童話的な雰囲気を醸し出していた。 町へ入るべく、今まさに渡ろうとしているこの橋から望む対岸の眺めは、 どこか現実離れしているような、 初めて見るのに、なぜか懐かしく記憶の底をざわめかせるような、 「こちらへどうぞ」と、温かく招かれているかのような、 ―――別世界への入り口、であるかのように感じてしまった。 "絵本のような"という、その第一印象を意識して大切にしながら、 実際の風景(主に建物)に、色々と手を加えつつ、 心遊べる情景、を目指して描いていった。 笹倉 鉄平