{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

笹倉鉄平『シャーロットタウン日暮れ前』

¥385,000 税込

送料についてはこちら

*2018年制作 *キャンバスジクレー *イメージサイズ :34.9×80.2(cm) *額付サイズ(笹倉鉄平推奨額):52.3×97.8(cm) *額装 :オフホワイトの3段内流れサオ(シルバーラインあり)、クリーム色の落とし込み *額裏サイン(ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れが出来ます) *作品証明書 :版元発行、正規の作品証明書が付きます *作品モチーフ:プリンスエドワード島(カナダ) *作品コメント 『シャーロットタウン日暮れ前』 “Charlottetown,Before Sunset” "カナダ建国の地"といわれるシャーロットタウンは、 北米大陸の東海岸に寄り添って在るプリンス・エドワード島の州都・・・ とは言っても、自然が豊かな島の、人口3万人程の長閑な町。 この島が舞台の有名な文学「赤毛のアン」に親しまれた方なら、 ご存知の名前ではないでしょうか。 島を訪ねたのは、新緑の季節。 比較的暖かな日の夕刻。 まるで「アン」の物語に登場する"ブナの木屋敷"のような 瀟洒な家々が並ぶ、海岸通りを歩いた帰り道。 既に薄暗くなり始めた公園から、何やら歓声が響いてくる。 近づいて見れば、バットを握る子やボールを追う子供たちが・・・ ああ、野球をしているんだ。 ヨーロッパでは、子供が集まって遊んでいるシーンには出会っても、 "野球"に出会ったことが無く、なんだか新鮮に感じた。 そういえば、絵の中に描いたことも無かった。 自分も小学生の頃。 日没の迫る校庭で、ボールが見えなくなることを惜しみつつ、 あと1イニング、あと1アウト、あと1球と・・・ぎりぎり迄遊んでいた。 突然、あの頃の感覚が胸によみがえってきた。 そんな「日暮れ前」の郷愁に気持ちをゆだねつつ、 美しい夕暮れ空と平和な家並みの風景画として描いた。 笹倉 鉄平