{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

笹倉鉄平『ゆっくり過ぎてゆく』

¥275,000 税込

送料についてはこちら

*2018年制作 *キャンバスジクレー *イメージサイズ :33.1×24.1(cm) *額付サイズ(笹倉鉄平推奨額):43.3×34.3(cm) *額装 :白いサオ(幅2.5cm)、白い落とし込み *額裏サイン(ご希望のお客様にはサービスで、額裏へ作家から、お客様のお名前とサイン入れが出来ます) *作品証明書 :版元発行、正規の作品証明書が付きます *作品モチーフ:グダニスク(ポーランド) (両作品に登場する1匹の猫の視点で、、 穏やかに、ゆっくりと、流れ、過ぎてゆくひと時を 感じていただけるような作品です。) *【新品額装】新しく額装してお届けいたします *【送料無料】国内の送料は無料です(一部離島を除く) *作品コメント 『ゆっくり流れてゆく』、『ゆっくり過ぎてゆく』 “Flow Slowly”、“Going Slowly” ポーランドを旅している間ずっと感じていたのは、 どこか大らかで、穏やかな空気感だった。 それは田舎のみならず、街の中にあっても・・・ *     *    * 北部バルト海に面した港湾都市グダニスク。 旧市街には、多くの人々が行き交っていたが、 古き良き時代の風情ある建物が軒を連ねているせいか、 にぎわいの中にあっても、煩わしい感じは不思議と無かった。 運河を渡り、中心地から離れる方へと歩いてゆけば、 更に、落ち着いてのんびりとした空気が流れていた。 晴れ渡る空の下、河岸のベンチで小休止をしていると、 一匹のネコがゆっくり近寄って来た。 こちらを警戒するでもなく、目の前に座り込んでくつろいでいる。 「ああ、この感じ・・・いいなぁ。こんな風でも良いのにね、人間も」 呑気に過ごす猫を、見るともなしに眺めるうち、 いつしか心がほろほろと和んでいった。 現代社会は、気づかぬうちにどんどんスピードを上げて変化し、 ついてゆくのがやっとの思いで、日常が過ぎてゆく。 それでも、たまには・・・ ぼぉーっと空を見上げたり、水面を眺めたり、 “ゆっくり”と、流れ過ぎてゆくひとときを・・・ 笹倉 鉄平

セール中のアイテム